誰かのブログ

記録用に使っています

シオン賢者の議定書

 

f:id:bgs9:20201214165106j:plain

 

シオン賢者の議定書』(シオンけんじゃのぎていしょ、英: The Protocols of the Elders of Zion、露: Протоколы сионских мудрецов)は、「秘密権力の世界征服計画書」という触れ込みで広まった会話形式の文書。1890年代の終わりから1900年代の初めにかけてロシア語版が出て以降、『シオンの議定書』『シオン長老の議定書』とも呼ばれる。

シオン賢者の議定書 - Wikipedia

 「秘密権力の世界征服計画書」という触れ込みで広まった会話形式の文書。

1890年代の終わりから1900年代の初めにかけてロシア語版が出版された。

シオンは「シオニズム」のシオンでありエルサレム地方(シオンの丘)の歴史的名前です。

尚、ユダヤ人には大きく2種類のユダヤ人が存在します。

一つは正当なスファラディユダヤ人。元々のユダヤ人で、旧約聖書を信じる、信仰心の厚いまじめなユダヤ人です。

もう一つは偽ユダヤ人、アシュケナージユダヤ人です。

彼らは元々、遊牧民で戦闘的な民族です。人間を捕まえて奴隷とする民族。

それ故に、諸国に嫌われ滅ぼされかけたことも。

その後彼らは狡猾になり、カモフラージュする為にユダヤ教に改宗。

彼らが、所謂フリーメイソンイルミナティとなります。

シオンの議定書の要約

内容はユダヤ人が世界支配するという陰謀論であり、ヘンリー・フォードヒトラーなど世界中の反ユダヤ主義者に影響を与えた。結果的に国家社会主義ドイツ労働者党政権のドイツにおいてユダヤ人の大量虐殺(ホロコースト)を引き起こしたともいえることから「史上最悪の偽書」、「史上最低の偽造文書」ともとされる。

シオン賢者の議定書 - Wikipedia

この文書は1897年8月29日から31日にかけてスイスのバーゼルで開かれた第一回シオニスト会議の席上で発表された「シオン二十四人の長老」による決議文であるという体裁をとっている。文書ではユダヤ人が世界を支配して、すべての民をモーセの宗旨、つまりユダヤ教の前に平伏させるという内容を持つ。

シオンの賢者は、シオン血統の専制君主のために、「自由、博愛、平等」のスローガンを考案し、フランス革命を起こして、シオンの専制君主が全世界の法王となることを画策した、とされる。こうした陰謀論は、イエズス会フリーメイソンを悪役とする陰謀論でもみられた。

シオン賢者の議定書 - Wikipedia

1921年、「ロンドンタイムズ」は「議定書」が不出来な偽書であることを暴露する証拠を提示しました。「タイムズ」は「議定書」の大部分がフランスの政治風刺家モーリス ジョリーが1864年に出版した『マキャベリモンテスキューの地獄での対話』という本の写しであり、その本ではユダヤ人については何も述べられていないことを確認しました。その他の調査によって、プロイセン人の作家ヘルマン ゲドシェが1868年に出版した小説『ビアリッツ』の一章も「議定書」のアイデアのもとになったことが判明しました。

シオン賢者の議定書 | The Holocaust Encyclopedia

ナチス党のイデオロギー信奉者アルフレッド ローゼンバーグは1920年代初頭、ヒトラーが独自の世界観を築き始めた頃に「議定書」をヒトラーに紹介しました。ヒトラーは「議定書」を初期の政治演説で引用し、その生涯を通じて、ユダヤ人とボルシェビキ主義者が世界統治を陰謀しているという虚構を追及し続けました。

1920年代から1930年代において、『ユダヤ賢人の議定書』はナチスプロパガンダ戦力の重要な役割を担いました。1919年から1939年にかけて、ナチス党は少なくとも23版の「議定書」を出版しました。

1933年に政権を握ってからは、議定書が学校教育で生徒の洗脳に用いられたこともありました。

シオン賢者の議定書 | The Holocaust Encyclopedia

1986年、ネオ・シオニストユダヤの指導者の一人ユーリ・ロマノビッチ・ラリコフがロシア在住のユダヤ人に指令を発している。宇野正美氏の「戦後50年、日本の死角」はその一部を紹介しており、これを転載する。

ユダヤ人について暴露しようとしている者を『反ユダヤ主義者』として告発する。彼らに『反ユダヤ主義者』の烙印を押すと、他のゴイム(異邦人)はその説を喜んで利用するに違いない。ロシア人の同情を巧みに利用するのである。ユダヤ人は自分の事を哀れな者、不幸な者と見せかけながら、ロシア人から哀れみ、好意、同情を引き出さなければならない。このようなユダヤ人による『対ゴイム』の戦術は何千年も前から行われてきたのである」。

「情報は第一である。金、人材、情報がユダヤ人の三つの柱である。従って、宣伝、報道機関を握らなければならない。ユダヤ民族の利益を考慮に入れながら、どのような問題についてもユダヤ人に有利な世論を形成しなければならない。いつでもリーダーとして活動し、細かい点でもゴイムに譲ってはならない。これからも国家指導部、政党の幹部の中に入り続けなければならない」。

「反ユダヤ傾向はすべて初めから潰すべきである。ユダヤ人の戦術と戦略を明らかにし、ユダヤ人の悪意をはっきり見せる作品は全て買い占め、あるいは盗み出し、絶滅させなければならない。そして決して再版しないようにしなければならない。ゴイムにはユダヤ人が集団虐殺された本当の理由、迫害された本当の理由を知らせてはならない。ユダヤ人が作り出した解釈を教えなければならない」。

あまりにも出来すぎたユダヤ主義の公然暴露であるが、そのことはともかく、指令の内容はユダヤ主義なるものを如実に物語っていよう。

http://www.marino.ne.jp/~rendaico/seito_palesutina_yudayaginmondai_giteisyoco_gendaiban1co.htm

ゴイ、ゴイムという意味は、ユダヤ人じゃない人・非ユダヤ人の意味じゃない。豚ということです。あの豚。

この週刊文春で対談してるときに――実はこれの十倍ぐらい話したんですよ。そのときデーブ・スペクターがホッと喋って、「俺、タルムードも何も知らない」と言いながら、フッと口に出したのは・・・「ゴイム」と言ったんです。

「ちょっと待て。お前タルムードも読んだことがないと言いながらゴイムってなんだ!ゴイムってのは差別用語だぞ!」って、こう言ったら、「いやぁ、これはアメリカのテレビでいつも使う普通の言葉ですよ」と、こう言うわけです。

「バカなことを言うな。アメリカのテレビでこんなこと言ったら大変なことになるじゃないか」と言ったら、またしばらくしたら「ゴイム」と言った。「また言った!」と思ったわけです。

〝豚〟。自然に出てきます、豚と。

だから「俺らだけが人間だから、他の連中は豚だから、我らが世界を支配しなくちゃいけない」。信じてるんです。本当に信じてます。

宇野正美vsデーブ・スペクター - YouTube

第一の議定

ユダヤ人(ここでいうユダヤ人とはすべて偽ユダヤ人のことであり、ロスチャイルドシオニストのような人々のことをいう)の立場と非ユダヤ人=ゴイムの立場をはっきりさせ、暴力と恐怖によってゴイムを支配し、正義がユダヤ人の力によってもたらされるようにする。

政治家にモラルは不要であり策謀と偽善を用いる必要があり、ユダヤ人は道徳を学んではならない。非ユダヤ人は自由というウソを洗脳することでユダヤ人はその裏ですべてを決めることができるように設定する。

シオンの議定書の要約

第二の議定

直接戦争よりも経済の支配によってユダヤ人たちの優越を決定化させる。すべてにスパイを放ちそれぞれの国家の法律を無効化し、享楽に非ユダヤ人を耽らせ、非ユダヤ人に吹き込んだ科学という偽の法則を信じこませる。そのためにメディアを利用し、インテリを利用し、新聞をユダヤ人が支配する。

シオンの議定書の要約

第三の議定

権力者たちを裏から操って互いに争わせる。政治の党派や保守革新の思想などあらゆる分野においてである。制度を瓦解させ民衆を扇動し不秩序を招く。

シオンの議定書の要約

第四の議定

ユダヤ人に深く思想させないために商工業を利用する(いわゆる3S政策<スポーツ・スクリーン・セックス>などに代表される考え方だろう)。このことにより人民の共同の敵(つまり自分たち)を見逃すように仕向ける。商工業の利益はすべて最終的にユダヤ人に流れるよう設定し、非ユダヤ人を人情酷薄な存在とし、高尚な政治や宗教に対して考えさせなくし、金儲けだけに興味を持つよう設定する。

ユダヤ人の脳裏から神霊の観念を奪い取り、その代わりに個人主義的、打算的利欲と肉体的享楽主義を植え付けねばならぬ。

シオンの議定書の要約

第五の議定

ユダヤ人が負けたときに負かしたものに軋轢が生じるように設定しておく。非ユダヤ人に感情に訴えるものだけで満足するよう設定し、政治の公約が実行されたか判断しないように設定する。社会生活上の取り決めを複雑化し、人間同士を互いに理解し合えなくさせる。

シオンの議定書の要約

第六の議定

商工業に保護を加え投機を奨励し、工業を不安定化させ

農業を改良させないようにし、世界のお金がユダヤ人の手に収まるようにする。そして非ユダヤ人を貧乏にしてユダヤ人の元にひざまずかせるよう設定する。そのために非ユダヤ人に贅沢を奨励する。

シオンの議定書の要約

第七の議定

大陸同士で騒乱、闘争、不和をかき立てる。それによってユダヤ人が二重の利益が出るようにする。暴動も鎮圧も支配できるシステムとし、気づいた非ユダヤ人であってもユダヤ人を必要悪と見るよう仕向ける。基本として狡猾さや奸計を用い、表向きは外交辞令として正直で偽善的にふるまう。

シオンの議定書の要約

第八の議定

あらゆるインテリ(メディア関係者、弁護士、医師、政治家、官僚その他)に特殊教育を与えてユダヤ人に従うよう洗脳し、人間の深層心理とシステムを操るようにする。

経済学という偽の学問をひろげ、銀行家や資本家も含めて彼らが悪いことをやっているように見せかけ、経済学の裏にユダヤ人がいることを気づかせないようにする。そのような非ユダヤ人で指令に従わない場合は死刑や追放を検討し、ユダヤ人の奴隷にする。

シオンの議定書の要約

第九の議定

本当の自由の基礎である教育を崩す。嘘の学説を非ユダヤ人の青少年たちに教え、彼らを欺き愚鈍にさせ腐敗させる。法律を狂わせ法の意味を歪曲させ真の精神を失わせる。そして非ユダヤ人がユダヤ人の真意に気付き反抗することへの対策を立てる。

シオンの議定書の要約

第十の議定

ユダヤ人に自由主義という毒液を注射し、非ユダヤ人にとって健全だった専制政治を廃し立憲政治を生み出させる。憲法とは本来ユダヤ人が作ったものであり、その本当の目的は闘争と対立をかり立て、国の機能を弱め、個性的価値を奪う無益なものである。

そしてロボットの大統領を作りユダヤ人に奴隷のごとく仕える者を選ぶ。国境や宗教を撤廃し平和と安らぎをとり戻すと錯覚させ、すべてを統一し、救済する世界の王を与えよと非ユダヤ人を思い込ませる。

シオンの議定書の要約

第十一の議定

クーデターや戦争の時にユダヤ人の望む憲法を一挙に成立させる。非ユダヤ人が胆をつぶし頭が混乱しているうちに強制しなければならない。非ユダヤ人に反抗すれば弾圧されると印象操作する。非ユダヤ人は羊の群れでユダヤ人は狼である。

シオンの議定書の要約

第十二の議定

情報をすべてユダヤ人が検閲する。世界のニュースは若干の通信社に集め支配して、ユダヤ人が許すニュースだけが伝達されるようにする。新聞、雑誌、書籍といった、いわゆるジャーナリズムはすべて許可制とする。出版と新聞をもっとも重要な洗脳の手段とする。また新聞にユダヤ人を攻撃させることで、非ユダヤ人に完全な言論の自由があると錯覚させる。

シオンの議定書の要約

第十三の議定

ユダヤ人に事情をさとらせないために、芸能、スポーツがもてはやされ愚鈍なクイズを扱わせる。娯楽により関心を方向転換させ、独立して自ら思索する能力を失わせる。進歩という錯覚を非ユダヤ人に与え、真理は唯一ひとつあるだけでこの世に進歩の余地などないことを決して気づかさせないようにする。

すべてのことが、幾世紀にもわたって我々の計画で謀られたことを誰も気付かなかったが、そのときこそはっきりするに違いない。

シオンの議定書の要約

第十四の議定

ユダヤ人に政治に幻滅させて、自由の権利より安楽に暮らせる奴隷の方がましだと思わせる。

ユダヤ人のために昔から、いわゆる先進諸国において不道徳な、劣悪な偽文字を創っておいたが、世界支配後もしばらくはこれを放置する。

シオンの議定書の要約

第十五の議定

世界各国に革命を同時に勃発させ政府の無力さをみせつけて、結果的にユダヤ人の支配を強める。非ユダヤ人の反逆に警戒し武装蜂起する者どもは皆殺す。

ユダヤ人の権力が確立するまでは、フリーメイソン支部を世界各国に増設する。メイソン全支部は誰も知らない中央管理機構(イルミナティ)の下に置く。メイソンの各支部は真の管理機構(イルミナティ)を覆い隠すために置かれる。

シオンの議定書の要約

第十六の議定

真の大学はこれを廃止する。その上で新しい綱領に基づくユダヤ人に都合のいい新大学を創設する。学長や教授は洗脳教育し、ユダヤ人の計画からはみ出せないようにしておく。青年を従順にし支配者を敬愛し信頼させるようにする。古典と歴史の研究を廃するようにする。ユダヤ人に都合の悪い歴史事実を抹殺する。教育により非ユダヤ人を考えられない動物にする。

シオンの議定書の要約

第十七の議定書

全人類にユダヤ人に背く犯人告発の義務を負わせる。監視社会を築くと同時にユダヤ人が政治の不正を正したと思い込ませる。ユダヤ人が不正や職権乱用や贈収賄などを広めたという歴史はわからなくさせる。

シオンの議定書の要約

第十八の議定

ユダヤ人の王が陰謀や人々を怖がって身を隠すのだといった考えを、非ユダヤ人に考えさせないようにする。ユダヤ人の王が人民の請願書を受け取っているかのように錯覚させる。

シオンの議定書の要約

第十九の議定

政治について告白するものを政治犯に仕立て上げ、彼らが英雄視されることをなくすため犯罪人とする。

シオンの議定書の要約

第二十の議定

財産に対して課税し、金持ちたちや、国がユダヤ人の味方になるようにする。累進的な財産税で個人の富の増大を防ぐ。あらゆる国債は、政府が誤った行政を行う無能の告白なのでこれを広める。外債を募り非ユダヤ人政府は血を吸い取られて死ぬことになる。

シオンの議定書の要約

第二十一の議定

公債発行に際して一般の誰でも買えるように額面を安くする。最初の応募者には割引きし、次の段階で人為的に価格の釣り上げを行う。これにより非ユダヤ人が政府の債権を信用しているように錯覚させる。後に残る債務は新公債を発行する。新税も借金のための借金として作り出す。

シオンの議定書の要約

第二十二の議定

ユダヤ人の莫大な金をさらに世界征服のために有効に使う。多少暴力を使ってでもこれらの金を使い秩序を確立する。ユダヤ人の法律に従わせこの苦しみ多き地上に、真の幸福と自由をもたらし、平和と秩序を与える。

シオンの議定書の要約

第二十三の議定

ユダヤ人は強大な権力にだけ絶対服従するのでこれを推し進める。非ユダヤ人は王に天使のような優しさなど望んではいない。非ユダヤ人が求めているのは、不屈の権力の化身である。

シオンの議定書の要約

第二十四の議定

我々はシオン賢者たちが、いままであらゆる障害を乗りこえて、世界の問題を処理し、人類の思想を導いてきた故智に学ぶ学ぶだろう。そして我々が望む方向に非ユダヤ人を教育する。選ばれた者たちに政治の要諦を教えるのだが、他の誰にもその秘密が洩れないようにしなければならない。こうして、政治はその秘訣を知った唯一人の者によってのみ行われる、という原則が保たれる。

シオンの議定書の要約

 

1900年代初頭、ロシアで出版された『シオンの議定書』は、“ユダヤ人が世界を裏面から支配するための計画書”として世界的な大反響を呼びましたが、実はその約50年前に、フランスで出版された『ユダヤの民の神秘』という“イエズス会の悪魔的な計画”について書かれた本の中に「議定書」がそっくりそのまま掲載されていたことが判明します。

シオンの議定書 第十五議定』では、「われわれの王国実現までは、フリーメーソン支部を世界各国に増設する」という内容が記されています。

われわれの王国を実現するまでの期間は、(略)フリーメーソン支部を世界各国にどしどし増設し、そこへ名士になりそうな人物、現に名士である人物を引き入れる。

それというのも、それら支部は重要な情報集積所であり、情報を流す出口でもあるからである。メーソンの全支部は、われわれだけが承知していて他には絶対に誰も知らない中央管理機構の下に置く。

その機構を構成するのは、われらの学識ある長老たちである。支部には代表者がいるが、彼らは上記のメーソンの真の管理機構を覆い隠すために置かれるものであり、標語や計画は蔭の管理機構から発せられるのである。

これらの支部に、革命的分子やリベラル分子をすべて集めてしっかり結び合わせる。この中には社会の全階層が含まれるのである。

極秘の政治計画なるものもわれわれは熟知しているし、計画が立てられたその日のうちにわれらの指導部の手に入手される。

<中略>

秘密結社に喜んで入ってくるのは、世渡りがうまく出生第一主義で、一般人の中では軽薄に属する人物が多いので、彼らを御してわれわれが仕組んだことを片付けさせるのは、さして苦労のいることではない。(略)計画遂行の中心には、これ以上信頼できる人物はいないというわれらの下僕が先頭に立っている。

われわれだけがメーソンの活動を指導し、他の誰にも当らせないのは、極めて当然のことである。

ゴイムに至っては無知蒙昧であって、どこへ行くべきか、活動の一つ一つの最終目標は何であるかを知っているのは、われわれだけだからである。

ゴイムは、通常、彼らの考えを実行する際に、やたらと自分の説に固執し、自説の一時的満足にしか頭が回らない。

しかも、その自説たるや、われわれが彼らに吹き込んだものであって、本当に自分が考え出したものではないことに気が付きもしない。

ゴイムは、物好きからか、あるいは、大きなパイに一口あずかる手段としてメーソンに入ってくる。

中には、実現不可能な根も葉もない夢想を実現させるために、耳よりな情報を仕入れようとして入ってくる者もいる。

彼らは成功と拍手喝采に飢えているが、その成功や拍手喝采こそは、われわれが気前よく振る舞ってやっているのである。

われわれがそういう大盤振る舞いをするのは、彼らが持っている鼻持ちならぬ自惚れを利用するためである。

<中略>

われわれは、同胞のほかには誰も気付かないように、本人自身でさえも死刑宣告されたことが判らないように、巧みにメーソンを処刑する。必要とあれば全員あたかも自然死のごとく息を引き取るのである・・・・・・そのことが解っていても、同胞はあえて抗議はしない。

かような方法を用いて、われわれはメーソンの中から作戦計画に敵対する者を根こぎにしてきたのである。

われわれはゴイムにはリベラリズムを説くけれども、同時に一方では、わが民やわれらの代理人たちにはひたすら恭順に服させる。

イエズス会の創設者イグナチオ・デ・ロヨラとNo.2のフランシスコ・ザヴィエルは共にマラーノ(隠れユダヤ人)でした。

イルミナティを創設したアダム・ヴァイスハウプトもイエズス会出身です。

ユダヤの民の神秘』が信頼に値するものだとすれば、イエズス会カトリックでありながら、実体はユダヤ人組織であり、親プロテスタント的なフリーメーソンでさえ支配していたということになります。

山中豊吉氏の指摘『キリスト教に隠れたユダヤ教の陰謀』は、やはり慧眼と言えるでしょう。

イエズス会の正体・slicer93(彼らがどうしてもハルマゲ大戦を望むなら、全人類VSイエズス会となる筈です) 小沢内閣待望論