誰かのブログ

何かの感想とか思ったこととかテキトーに書こうと思います

ニュー・ワールド・オーダー(新世界秩序、NWO)とはなんぞや

 

こんばんは、誰かです。都市伝説系の動画やら記事やらを見てると、結構な確率で目にするこの「ニュー・ワールド・オーダー」という言葉。話によると、世界をひとつに統治することを目標とした頭の切れる人たちがいるとかなんとか。なにやら恐ろしいことが起こりそうな予感ですが、少し見方を変えて「世界がひとつになれば国家間の争いがなくなるしいいことなのでは?」と考える方もいるみたいです。

この「ニュー・ワールド・オーダー」、実際にこれを目指す偉い人なんかもいて、どうやら都市伝説の範疇ではないんですよね。

詳しく書かれてる記事を見つけたので、引用させていただきます。

ニューワールドオーダー(新世界秩序)とは?

ニューワールドオーダーとは、簡単に言うと、世界統一政府の樹立です。

世界統一政府と聞くと、貧困や戦争が無くなるからイイことじゃん(・∀・)!

と思われそうですが、実はそうでもないのですね。

と言うのも、世界全体を一つの政府が統制することにより、国民から「自由」が奪われるからです。

一般的に言われている、ニューワールドオーダー後の世界で待っているのは・・・

今よりも激しい貧困格差

自由な発言や行動が許されない、徹底した管理社会

選ばれなかった人間は、家畜とみなされ人間の扱いを受けない etc...

とまぁ、こんな世界が予想されています。

ニューワールドオーダーを推し進めているのは、イルミナティと呼ばれる秘密結社で、イルミナティは、アメリカ合衆国を支配し、実質的には既に世界を支配している秘密結社です。

そして、更なる徹底した管理社会を作るために、ニューワールドオーダーは何十年も前から、密かに計画が進められてきました。

しかし近年になって、ローマ法王や、ブッシュ大統領などの著名な政治家が、「ニューワールドオーダーが必要だ」「世界政府を樹立する」と、公然と発言するようになったのですね。

その為、ニューワールドオーダーという言葉が、最近になって注目されてきているのです。

ニューワールドオーダーを「陰謀論」と思っている人もいるかもしれませんが、今世界で実際に進められている計画なのです。

その証拠に、アメリカの1ドル紙幣には、ニューワールドオーダーの事が、ラテン語でちゃんと書かれてあります。

❞ANNUIT COEPTIS→「我々の計画に同意せよ」

  NOVSU ORDO SECLORUM→「新しい世紀の秩序」

 

ニューワールドオーダーに向けた人口削減計画

たとえば、ニューワールドオーダーの中には「人口削減計画」があります。

これは、ジョージアガイドストーン(※1)に見られる「世界の人口は5億人以下を維持する」と言う言葉から解るように、世界の人口は5億人まで削減されようとしています。

その理由は、人口を減らさないと、地球環境の維持が出来なく、人類が生き残れないからでもありますが、人口が少ない方が、支配者階級にとっては管理しやすいからです。

そして、人口削減に向けた「人間選別」も、既に始まっています。

例えば、西洋医療による製薬は、病気を治しもしますが、新たな病気も生み出します。

これにより、国民を意図的に病気にし、徐々に人口を削減します。

こういった、少しづつ気づかれないように人口を削減していく仕組みは、既に世の中のあらゆる所に組み込まれています。

よく知られているのは、歯磨き粉の中には、人体に大変な毒である「フッ化物」が含まれているという話です。

フッ化物は、世界60ヶ国で水道水にも含まれており、人間のIQを下げたり、男性の生殖機能を低下させる作用があります。

元々フッ化物は、虫歯予防と言う名目で水道水に混入されていましたが、その目的が「虫歯予防」のハズがないのは、少し考えれば解ることです。

これは、国民のIQを下げ、意識レベルを落とし、「自分が家畜として管理されている」と気づかせないようにするための手法と言えるでしょう。

さらには、ビルゲイツは、こんな事も言っていました・・・

❞新しいワクチンや生殖プログラム、健康保険を正しく使うことによって、人口を15パーセント削減できる

つまり、WHO(世界保健機関)によって行われるインフルエンザなどのワクチンは、病気の予防の為に使われているのではなく、人口を減らすために使われているのです。

ワクチンが人体に与える悪影響は、発がん性を高める他、痴呆症になりやすいとの研究結果があります。

こんなものが小学校とかで半強制的に接種されていると考えると、恐ろしいですね・・・

 

❞※1)ジョージア・ガイドストーンには、10のガイドライン(あるいは原理)を含むメッセージが刻まれている。

日本語訳(英語・中国語によるガイドラインより翻訳)

大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する

健康性と多様性の向上で、再産を知性のうちに導く

新しい生きた言葉で人類を団結させる etc...

 

ニューワールドオーダーで国民の自由は奪われる

ニューワールドオーダーによる世界政府が統治する世界は、周到に計画され、今正に、現実に向かおうとしています。

つまり、新世界秩序後の世界で生きる事を許される「人間を選ぶ作業」が、もう始まっているのです。

たとえば、インターネットを使った個人情報の徹底した管理があります。

Facebookは、創業者のマークザッカーバーグが答えている通り、国民一人ひとりの趣味趣向、思想などをAIで把握し管理するための仕組みでもあります。

日本でも、マイナンバーによる国民の管理が始まりましたね。

そういえば、少し前に発売されたIPhoneは「顔認証システム」が導入されていますが、これも、国民ひとりひとりの情報を更に明確にAIで管理するためのツールと言えます。

AIはこれから益々進化します。

たとえば、AIの組み込まれた家庭用のロボットは、既に色んなメーカーから発売されておりますが、これは言い換えると、家の中にいる時も、AIにより常に監視される時代になるということです。

いわゆる「IoT(※1)」というやつです。

このように、既に国民一人ひとりに対する監視社会は始まっているのです。

そのため、あなたが普段から話している内容は常に記録されるようになりますし、「ネットで普段どんな情報を見ているのか?」という事も常に監視され、あなたは近未来の世界政府の管理の元、「上に逆らうこと無く従順に大人しく生きていく人間かどうか?」という事が、判断されるのです。

 

❞※1)IoTとは、様々な「モノ(物)」がインターネットに接続され(単に繋がるだけではなく、モノがインターネットのように繋がる)、情報交換することにより相互に制御する仕組みである。それによる社会の実現も指す。

 

国民を管理し拘束する、ジェイド・ヘルム

ジェイド・ヘルムとは、2015年の7月から9月にかけて、アメリカで行われた大規模な軍事演習のことです。

この軍事演習は、一応表向きは「テロ対策」とされておりましたが、その内容にはオカシナ点がいくつもあります。

たとえば、演習の内容が、テロリスト相手ではなく、明らかに「一般市民」を拘束するような訓練だった点です。

ジェイド・ヘルムが行われた時、辺りの市内は一斉に停電しました。

そして、大型スーパーから一夜にして商品や商品棚が撤去されたのです。

これは、何を意味しているのかと言いますと、実は、大型スーパーを強制収容所として利用するための訓練が行われたのです。

実際にネット上には、一般市民を拘束して連行している動画や、平和な街に一夜にして戦車などの軍事車両が何千両と運び込まれた動画がアップされています。

つまり、ジェイド・ヘルムは、ニューワールドオーダー(新世界秩序)後の政府下で、権力に逆らう様な思想を持った一般市民を拘束して収容所に送る為の訓練だったのです。

そういえば、日本でも「共謀罪」と呼ばれる、テロ対策法案が審議されましたね。

共謀罪は、簡単に言うと「テロを起こす危険のある人間を、事件を起こす前に拘束することが出来る」と言う法律です。

こう聞くと、犯罪抑止の様に聞こえますが、これは言い換えると、「権力の名の元に、上に逆らう者は、警察が問答無用で拘束できる」という法律なのです。

これが、ニューワールドオーダー後の世界は、「国民の自由は完全になくなる」と言う意味なのですね。

xn--ccke5d6a8fj3i7afn.com

はてさて・・・これを読む限り、とてもいいものとは言えませんね。引用にもありましたが、NWOを計画してるのはイルミナティという秘密結社だというのが一般的です。その活動の資金源は2大財閥と呼ばれるロスチャイルド、ロックフェラーの一族などだと言われてます。

ロスチャイルドは世界中の銀行の株(証券)を所有して金を吸い取り、ロックフェラーはオイルマネーを独占して金を吸い取ってます。その儲けをもとにたくさんの大企業の株を所有し、またさまざまな国、組織、政治家などの資金援助をしたり、金を貸したり、自分たち無しでは成り立たないような状態にしてます。あとは意図的に不景気をつくり出し、株価が下がる前に売り飛ばし、そして株価が下がったあとのものを買う、そしてまた株価が上がってきた頃に不景気を起こし・・・そうやってインサイダー的なことを繰り返して儲けるという手法を取ってるとも言われてます。

イルミナティから抜け出した人の暴露をネット上でいくつか見れますが、どうやら関わる人たちを秘密結社のどう考えても犯罪な儀式に引き込み、弱みを共有することで裏切られないようにするらしいです。抜けた人は暗殺されたり、ひどい拷問を受けたり、犯罪者として社会的に殺されるんだとか。

このような2大財閥をはじめとする、金融にはびこる偽ユダヤと呼ばれる人たちは、金儲けや人心掌握に長け、実際にはユダヤ教を信仰せず非人道的な生き方をしてます。具体的な話は長くなってしまうので、また別の記事に。

自分は完全にNWO反対派なので、説明として上の記事を引用しましたが、賛成派の意見も知りたい方はご自身で調べてみてください。

また、実際にどのような人たちがNWOに言及してるのかも調べました。見つけた記事を一部引用させていただきます(順不同)。

「我々は、ワシントンポストニューヨーク・タイムズ、タイム誌や他の主要出版社の責任者の方々が、40年近く、我々の会議に出席してくださり、その内容に対して報道を差し押さえてくれたことを感謝している。その間、我々が大衆の目にさらされる事になっていれば、このように世界に向けた計画を進展させることは不可能だったことだろう。しかし、今の世界はより洗練され、世界政府に向けて行進できる準備ができている。知的エリートと世界銀行家による国家を超えた主権体制は、過去数世紀に渡ってみられた独立国家による主権体制よりも、確かに望ましいものである」

ー1991、デビッド・ロックフェラ―、ドイツのバーデンにて

「一部の者は、我々ロックフェラー家が、米国の最善の利益に反して作業している秘密結社の一部であると信じている。そして、私の家族と私を「世界政府主義者(internationalists)」と特徴付け、我々が、より統合化したグローバルな政治的、および経済的な構造システムを伴う一つの世界を構築しようと、世界中の国々と共謀していると言う。もし、それが告発なら、私は有罪のままでかまわず、私はそれを誇りに思う。」

デビッド・ロックフェラー、「回顧録」、p405

「我々は、今、世界変革を迎えようとしている。それに必要なのは、都合の良い重大な危機であり、それが起きれば、全人類はNew World Orderを受け入れることになるだろう。」

デビッド・ロックフェラー

「結局我々の目的とは、ソ連社会主義を(新しい)世界秩序に(世界政府体制に)導入することである。おそらく、将来の世界秩序では、真に全ての国が一つの家族となって存在することだろう。」

ー1989、ジョージ・ブッシュ

「New World Orderを確立するため、国家社会主義は独自の革命を起こすだろう。」

アドルフ・ヒトラー、第2次大戦当時

「次の世紀には、今我々が知っている国家はすでになくなり、それぞれの州が、世界的政府として認められるようになる。主権国家という概念は、結局良い考えではなかったのだ。」

ー1992年7月20日 クリントン政権下の国務副長官Strobe Talbotがタイム誌に寄稿した文より。

「あなたも私も知っているように、アンドリュー・ジャクソン政権以来、より大きな中心にある金融機関が政府を牛耳っていることが真実である。」

ー1933年11月21日 FDR(ルーズベルト)がColonel Houseに送った手紙より。

「不景気とは、世界金融資本家による計算された大衆に対しての‘刈り込み’である。これは、ニューヨーク金融市場でのコール・マネーの供給を計画的に不足させることで引き起こされる。… 私有銀行である連邦準備銀行FRB)の設立によって、世界政府主義者と彼らの永遠の友である銀行家が、米国の金融と信用機関を現在完全に掌握している。」

ーFDR(ルーズベルト)の娘婿であるCurtis Dallの著書からの引用。

「私は最も不幸な男だ。私は国を知らないうちに台無しにしてしまった。偉大な産業国は、金融システムによって制御されている。我々の金融システムは一点に集中されているから、国の成長と我々の活動は(金融システムを動かしている)数人の手の中にあるのだ。文明化された世界で、我々が(金融資本家によって)最も悪質に統治され、その政府は完全に支配されている国の一つとなった。もはや、この政府は、自由な意見によって、あるいは、信念や多数決の原則によって成り立っているものではない。そうではなく、(金融システムを支配している)少人数からなるグループの意見と脅迫によって成り立っている政府である。」

ー大統領Woodrow Wilson、1916

「ロックフェラーと彼の仲間たちは、共産主義と資本主義を一体にした世界統一政府を樹立させ、その下で全てを制御することを推進している。陰謀論ということか?もちろんだ。そのような陰謀は存在し、国際的規模で、数世代にかけて計画されてきており、大変悪質な意図によるものであることを私は確信している。」

ーLarry P. McDonald議員、1976年にソ連によって撃墜された大韓航空ボーイング747に搭乗していた。

国家主義者による個人主義的なシステムこそ、破壊されなければならない。我々は、国が主権を行使できる最後の時代を生きている。現在の政府は消え去り、西欧化された国際社会主義(世界政府)を実装しようとしている最中だ。多くの人々は、New World Orderを嫌うが、これに抵抗して死ぬことになるだろう。」

ーH.G. Wellsが彼の著書「新世界秩序」で明らかにした内容、1940

「世界政府を実現するためには、個人主義、家庭の伝統への忠誠さ、愛国主義、宗教的信念を人々の頭の中から削除する必要がある。」

ー国連のHealth Organization議長であるBrock Adams

「New World Order支配下にある人々の同意を得るための主要な方法が「マインドコントロール」技術であり、現在急速に進められている世界革命に向けて使われている、知る人ぞ知る策略の一つである。」

ー国家教育家 K.M. Heaton

「ルーシファーに仕えると誓わなければ、誰もNew World Orderを迎えることはできない。ルシファーイニシエーションを受けなければ、誰も新しい時代(ニューエイジ)を迎えることはできない。」

ーUNの惑星指導者代表David Spangler

「今日、国連軍がロサンゼルスの秩序回復のためにロスに投入された場合、米国は憤慨するだろう。しかし、翌日になれば、彼らはそれに感謝することになる!得に、(実際にあるかどうかはさておき)自分たちの生存を脅かす外部からの脅威(宇宙人?)があるとなれば、それは確実だ。むしろ、世界中の人々が、この脅威から救ってくれと頼み込んでくるだろう。人は、無知なものに対して最も恐れを感じる。このようなシナリオが提示されれば、世界政府によって保障される幸福のために、人々は喜んで自分の権利を放棄するだろう。」

ヘンリー・キッシンジャー、1992年にフランスで開かれたビルダーバーグ会議

blog.goo.ne.jp

さぁさぁ恐ろしいことになってきましたねぇ。これだけ名だたる人たちがNWOについて言及してるんですから。もちろんソースないので要検証ですが・・・。

ちなみに記事の最後には興味深い動画がリンクされてました。それも引用させていただきます。

youtu.be

NWO新世界秩序が、シリアを嫌う8つの理由

0:28 ♥ 1ロスチャイルド中央銀行がないから

1:11 ♥ 2IMF負債がないから

2:08 ♥ 3遺伝子組み換え食品がないから

3:22 ♥ 4石油とパイプライン

3:53 ♥ 5秘密結社に反対するから

4:52 ♥ 6シオニズムに反対するから

5:22 ♥ 7世俗主義だから

6:40 ♥ 国粋主義だから

なるほどですね。自分たちの金ヅルにならない、支配できない国は嫌いなんですね。動画の子(美人!)曰く、シリアではこういった「陰謀論」はむしろ主流であり国営メディアですら議論されてると!すごい国ですね、めちゃくちゃ興味わきました。あとで調べてみよ!!

あ、最後に・・・ここは誰かのブログなので、誰かの個人的な意見を述べるとすると・・・ひとくくりにされれば余計に内部分裂してしまうのが人間だと思います。

たとえば、日本って単一民族国家と言われてますが、実は多民族国家だったって説もあります。

ウィキに載ってた「日本の民族」を一覧にしてみると・・・

縄文人——縄文時代に日本列島に居住していた人々の総称。現在の北海道から沖縄本島にかけて住み、縄文文化と呼ばれる文化形式を保持いていた。

弥生人——狭義には弥生時代に中国大陸と朝鮮半島から日本列島に渡来してきた人々を指す。広義には、稲作などの弥生文化を受け入れた旧縄文人を含む、弥生時代の日本列島の人々全体を指す。

倭人——狭義には中国の人々が名付けた、当時、西日本に住んでいた民族または住民の古い呼称。広義には中国の歴史書に記述された、中国大陸から西日本の範囲の主に海上において活動していた民族集団。

出雲族——古代の出雲地方に存在したという説のある種族。出雲神話の担い手として想定されている。出雲地域からは大量の銅鐸や銅剣などが出土した遺跡もあり、実際に古代に何らかの勢力が存在したとされている。

天孫族——日本神話において降臨しヤマト王権をつくったとする古代勢力の総称。また「新撰姓氏録」では天照大神などの子孫を神別の「天孫」としている。

海人族——弥生文化前期の主力を担ったもので、航海、漁労など海上において活動し、のちには海上輸送で力をつけることとなった集団である。海神族(わたつみぞく)とも。

隼人——古代日本において、阿多・大隅(現在の鹿児島県本土部分)に居住した人々。風俗習慣を異にして、しばしば大和の政権に反抗した。

熊襲——日本の記紀神話に登場する、現在の九州南部にあった襲国(ソノクニ)に本拠地を構え、ヤマト王権に抵抗したとされる人々。

蝦夷——古代の蝦夷は、本州東部とそれ以北に居住し、政治的・文化的に、大和朝廷やその支配下に入った地域への帰属や同化を拒否していた集団を指した。

国栖——大和国吉野郡、常陸国茨城郡に居住したといわれる住民である。

土蜘蛛——上古の日本において朝廷・天皇に恭順しなかった土豪たちを示す名称である。各地に存在しており、単一の勢力の名ではない。

粛慎——『日本書紀』や『続日本紀』などの中に記述が見られる民族である。

文人——7世紀ごろから13世紀にかけて北海道に住んでいたとされる人々。

オホーツク人——3世紀から13世紀までオホーツク海沿岸を中心とする北海道北海岸、樺太南千島の沿海部に栄えた漁猟民族。

渡来人——4世紀から7世紀ごろに、中国大陸及び朝鮮半島から日本に移住した人々。ルーツは黄河流域、揚子江流域、満州など様々である。

大和民族——古代の大和朝廷や中世の武家政権の施政下にあった人を指す。和人、サンカ、マタギ家船などを含む。

琉球民族——琉球王国の領域に相当する沖縄諸島先島諸島奄美群島に住む人々の集団。

アイヌ――北海道、樺太カムチャッカ半島、千島列島および北方領土、南は本州にまたがる地域に居住していた民族。

蝦夷——中世以後、アイヌを指すとの意見が主流である。

ニヴフ——樺太北部及び対岸のアムール川下流域に住む少数民族

ウィルタ——樺太東部の民族で、ツングース系である。

久米三十六姓——1392年に明の洪武帝より琉球王国に下賜されたとされる閩人の職能集団、およびその後三百年にわたり閩から渡来した者や首里那覇士族から迎え入れた人々の総称。

欧米系島民——小笠原諸島に住んでいた人々とその子孫を指す表現。1876年の明治政府による領有宣言以前から外国より小笠原諸島に入植し、日本の統治下に置かれたあとも住み続けていた島民とその子孫を指す言葉。

ちょっと・・・多くないですか!?(笑)なんか思ったより全然多かったです。言っても5民族ぐらいだろと思ってました。実際に日本人でも遺伝子が違うとか言いますもんね。農耕民族、狩猟民族、遊牧民とかさまざまなルーツの遺伝子があるらしい。神話上の民族も入ってますけど、そもそも日本の成り立ちについて書かれた資料って言ったら神話になっちゃうし、それは古い国なら当たり前のことなんで、そのまま一覧に入れときました。まぁ、これで単一民族ってのは逆にむずかしい気がします。

日本が単一民族国家と言われてるのは、戦後GHQによって行われた「日本弱体化政策」のうちの一つと言われますよね。一説によると、多民族が入り混じる中で民族から民族への奴隷制度が生まれず成り立ってたことは日本人の誇りで、そういうのが自分たちに歯向かう理由に成り得るから隠したらしいです。実際、日本は国際会議で有色人種の差別をなくす提案とかしてたみたいで、植民地と奴隷、いわば人種差別で成り立ってた欧米諸国にはかな〜り都合が悪かったんでしょうね。

でもそんな日本ですら、やっぱりいくつかの民族は権力側の統合に反抗したと書いてあります。そりゃそうですよね、今までなんでも自分たちでやって、困ることもなくやってきたのに、いきなり知らん人が偉ぶって支配しようとしてくるんだから。あと、完全に単一民族になった今でも、出身地が重要になって、県人会に入る人も多いですよね。

代表的な多民族国家、人種のるつぼと言われるアメリカでいうと、いまだに人種差別はあるじゃないですか。白人警官が黒人ばかり射殺したり、学校でアジア人がイジメられたり。しかも(必ずしもそうとは言えませんが)だいたいの人は同じ人種の仲間とつるむって聞きます。やっぱり、ひとまとめにされても結局分かれるんですよね。

って考えると、自分的には世界統一政府ってのはかなり危険だと思います。宗教、気質、生活、美徳、価値観・・・民族ごとにすべてが違うのに、ひとつの決まりで縛るって無理ですよ。まぁそのために人口削減すんのかもしれないですけど、仮に5億人に減ったとして、やっぱり大人数だから統一政府としてやっていけるのかは疑問ですね。このまま「愚民政策」を続けたら可能なんですか?自分みたいなゆとり低学歴おバカちゃんでも少しは考えるというのに・・・。

まぁそんな感じで、語り出したら尽きないですが、ニュー・ワールド・オーダーについていろいろ調べたり思ったことを書いてみました。自分はぜったいに抗いたい(笑)あなたはどう思いますか?では!